松山修平 Shin-on C-11137 Micro Mond

55,000円(税5,000円)

定価 55,000円(税5,000円)

在庫状況 1売り切れ次第終了

購入数
松山修平 Shin-on 癲C-11137 Micro Mond

作品ハガキサイズ 縦10.0僉_14.8

紙に 岩絵の具、薄い和紙重ね等のミックスドメディア

額装サイズ:縦20.4僉_26.4僉 ̄行3.5 木製アクリル塗装仕上げ ガラス入り
ー作家のオリジナル額装で作品は下地の手漉きの和紙を台にして表装されていますー

松山 修平 の作品の中でも特別に企画された「 Micro Mond}と言うハガキサイズのシリーズです、ミラノ在住の作家からのハガキで、世界中の 松山 修平 ファンのコレクターさんとつなっがるShin-onワールドにお越し下さい。
●松山修平は毎年7月に日本に一時帰国して芦屋画廊kyotoで個展を開催しておりますので個展のヴェルニサージュにコレクターが集まります。又、芦屋画廊kyoto2階のBook Cafeでは随時作品を展示しております

■ 松山 修平
1955年東京生まれ、イタリアミラノ在住。30年以上イタリアに住んで伊・米・日を主な活動拠点として一貫してShin-onを描き続けて個展、グループ展合わせて250回以上の展覧会を開催。ベネチア・ビエンナーレでは同時開催のShin-on展を1993年〜2001年まで5回に渡って開催。美術館ではFIRENZE BARGELLO、同じイタリアFERRARAの現代美術館、N.Y.チェルシー美術館、ウオールストリート・ジャーナル本社ビル等でも個展を開催している。公共的な場所として、大阪伊丹空港JALのVIPラウンジ、サウジアラビアフォーシズンズのスイートルーム、SONY本社ビル、大阪フェスティバルホール・レストランアラスカ等で飾られている。


ASHIYAGARO kyoto



芦屋画廊 kyoto は現代アートを中心に、国内外を問わず、Identity,Originality,Responsibilityを持った力有る作家を紹介。
芸術在る居住空間を提供すべく、洗練された作品を提供しています。

Identity - 自分が何者であるかを知っている事
Originality - 誰の真似でもない、自分自身の創造である事
Responsibility - 自分自身に対し、又自分の生み出した作品に対し責任を持っている事

芦屋画廊 は常に誠心誠意で芸術家と鑑賞する人々との間を取り持ち、芸術の世界に取り組んでいます。

Official HP


〒606-8354
京都市左京区(新間之町通二条下がる)頭町357番地8(コインパーキング向かい 高橋税理会計事務所 路地奥)
TEL: 075-754-8556 FAX: 075-754-8446