高野 学 2019カレンダー 20%OFF SALE - 売り切れ終了 - CL-01 TM-2019

1,320円(税120円)

在庫状況 0販売終了

こちらは2019年度版です。2020年度カレンダー制作待ちです。


芦屋画廊kyoto 取り扱い作家の中でも超人気の 高野 学 が2019年カレンダーの為に世界中に暮らすウサギ達ををキャンバスに描きました。原画は既に売れてしまいましたが卓上型カレンダーで「月と太陽とウサギ」をお楽しみ下さい。
サイズ:巾・18.2僉濆發機10.2僉‖の奥行き・10.5僉.▲リル製のカバーの表を開いてそのまま裏側へ回転させると足になって卓上に置く事が出来ます。
各月毎にウサギの棲みかが変わります、カバーの絵は2種類それぞれ1枚づつ2枚入っています。

Title
● Janualy Ice / 一月の氷
● February Dragon / 2月の龍
● March Flowers / 3月の桜
● April Eggs / 4月の卵
● May Car / 5月の車
● June Jungle / 6月の森
● July Statue / 7月の像
● August Desert / 8月の砂
● September Dance / 9月の舞
● October Ritual / 10月の式
● Nobember Street / 11月の通
● December Dolls / 12月の形


■ 高野 学 Manabu TAKANO
群馬県生まれ、東京都在住。東京藝術大学大学院修了。芦屋画廊kyotoを始め、ウフィツィ美術館、
ロッテアートギャラリー、表参道画廊、キャラリー尾形などで個展、グループ展の他、
Paris ルーブル美術館やKIAFなど国内外の国際アートフェアへの出品多数。ミケランジェロ国際賞、
レオナルドダビンチ国際賞など受賞多数。
アメリカのN.Y.市に住んでの修行中に目撃した911WTCテロ、又東日本大震災、家族の死ぬかも知れない大病などの体験をもとに作品を制作。生と死、病についての考察を月と太陽、生命力のアレゴリーであるウサギを登場させて表現しています。

芦屋画廊kyotoでは2階カフェスペースにて高野学の作品を随時展示していますので是非ご覧ください。


ASHIYAGARO kyoto



芦屋画廊 kyoto は現代アートを中心に、国内外を問わず、Identity,Originality,Responsibilityを持った力有る作家を紹介。
芸術在る居住空間を提供すべく、洗練された作品を提供しています。

Identity - 自分が何者であるかを知っている事
Originality - 誰の真似でもない、自分自身の創造である事
Responsibility - 自分自身に対し、又自分の生み出した作品に対し責任を持っている事

芦屋画廊 は常に誠心誠意で芸術家と鑑賞する人々との間を取り持ち、芸術の世界に取り組んでいます。

Official HP


〒606-8354
京都市左京区(新間之町通二条下がる)頭町357番地8(コインパーキング向かい 高橋税理会計事務所 路地奥)
TEL: 075-754-8556 FAX: 075-754-8446